任意整理の条件

任意整理は、多くの債務や多重債務を抱える人にとって、正義の味方のように見える仕組みです。また、裁判所などの公的機関を通さず、弁護士や司法書士と債権者との話し合いのもとで行なう債務整理が任意整理なので、債務者の職業の有無や職業の種類も問いませんし、債務がかさんでしまう原因となってしまった事柄も特に問いません。つまり、無職の人が、ギャンブルをして債務を増やしてしまい、返済できなくなってしまったという非常に身勝手な理由の債務であっても、任意整理を行なうことができるのです。
しかし、現実的には、任意整理には向く人、向かない人がいますし、方法としては任意整理を行うことはできるけれど、決してしないほうがいいという意味で任意整理が出来ない人もいます。
任意整理が向く人とは、ローンや保証人付きの債務がある人です。例えば、住宅ローンがある人が債務整理をせざるを得ない状況に陥ってしまったとします。このとき、自己破産や個人民事再生などを行なったとしたら、これらの物件はすべて差し押さえられてしまうため、手元に残すことが出来ません。つまり、住宅がなくなってしまいます。しかし任意整理では、債務を選択して整理することが出来るので、他の債務は任意整理の対象にしたとしても、住宅ローンを任意整理の対象としなければ、ローンの返済を続けていく限り、手元に残すことが出来ます。住宅の有無は、生活の基本をなす部分で必要不可欠ですから、残せる可能性があるということはとても大きなことです。また保証人付きの債務がある場合も、任意整理が向いています。保証人付きの債務を任意整理しようとしたとします。すると、任意整理も債務整理のひとつですから、債権者は債務者が返済の能力がなくなったものとみなし、保証人へと債務の返済を迫るようになります。これでは保証人に迷惑をかけてしまうことになります。ですが、任意整理では整理する債務を選択できますから、保証人がついている債務を任意整理の対象としなければ、保証人に迷惑をかけることはありません。
そして重要な、任意整理が出来る人はどういう人かということです。任意整理が出来る人とは、収入があって、滞らずに返済を続けていける余裕と意思がある人です。任意整理は、決して債務がなくなるという債務整理の方法ではありません。債務を圧縮し、3年を目安に元本の返済をすべて行なうように契約しなおすということです。ですから、任意整理を行なった後も、約3年間は月々の返済があります。ですから、月々の返済が可能な人は、任意整理が出来る人ということになります。ただこの場合、任意整理を行なう個人に必ずしも返済能力がなければならないというわけではありません。例えば家族が月々の支払いをしてくれるとか、実家が払ってくれるという人は、自分に返済能力がなかったとしても、任意整理をすることができます。もちろん、パートやアルバイトで働いているという方も、同様です。そしてその返済を3年間続けていくのですから、その覚悟がしっかりある人は、任意整理が出来る人です。任意整理をするということは、何かしらの理由があって、借り入れと返済能力のバランスを現実的に考えられなくなって借りてしまったという経験を1度でも持ってしまったということです。ですから、同じように返済を滞らせてしまうということが、再びまったく起きないとも言い切れません。ですから、任意整理をするときには、3年間毎月返済を継続させ、完済するという意思が強くなければ、続けられないことがあります。その他、過払い金が発生していて、その過払い金によって債務が返済完了となれる人も任意整理できます。これは、弁護士や司法書士に計算してもらえばすぐわかるので、弁護士や司法書士の事務所に相談に行けば、大丈夫です。

そして、任意整理を現実的に出来ない人という人もいます。出来ない人というのは、任意整理をしてもらって債務が圧縮され、月々の返済額は小さくなったとしても、それを返済することさえ出来ない人です。これには、債務者が無職で、また家族などから債務の返済を手伝ってもらえない人などがいます。繰り返しますが、任意整理はあくまでも債務の圧縮にしか過ぎません。約3年間は、月々の支払いが発生してくるのです。もし再び返済を滞らせてしまったら、自己破産や個人民事再生を行なわなければならなくなります。そうなったら、再び費用がかかるということにもなりますし、任意整理のときのように差し押さえを避けることも出来ません。また、家族に隠していた人は家族にも職場にも公になります。任意整理をすればすべて収まるということではないことは、ぜひ覚えておく必要があります。

Favorite

看護師 転職 東京
http://kangoshi-ouendan.com/
空室対策
http://me-reno.jp/
鉄板 販売
http://www.sanseidou.jp/
猫雑貨 通販
http://www.rakuten.co.jp/osharenekomimi/

最終更新日:2015/2/13